育毛剤の種類とその効果的な使い方

育毛剤は現存する毛髪に影響を与えて、抜け毛の予防や成長促進の効果を持っています。市販されているものには大きく分けて5種類あります。1つ目は男性型脱毛症に効果がある「男性ホルモン抑制タイプ」。2つ目は肩こりや冷え性にも効果がある「血行促進タイプ」。3つ目は食生活の乱れが気になる人に効果がある「毛母細胞活性タイプ」。4つ目は脂性の人に効果がある「皮脂分泌抑制タイプ」。5つ目は乾燥肌や頭皮の弱い人に効果がある「頭皮保湿タイプ」です。脱毛にはそれぞれに原因がありますので、現在の自分に合ったものを選ぶことによって効果が上がります。ほとんどの製品は複数の効果を併せ持っていますが、5つのタイプを意識しながら自分の症状に合っているものを決めましょう。

人によって抜け毛の原因は様々です

抜け毛には多くの原因があります。まずはバランスの悪い食事をしている可能性があります。髪の健康を保つためには良質な栄養素が必要です。毎日のバランスの良い食事が大切ですが、特に亜鉛は細胞分裂や再生に不可欠です。男性ホルモンの影響も抜け毛の原因です。遺伝的に男性ホルモンの分泌量が多い人ほど抜け毛も多くなります。ストレスによる精神的な悪影響で抜け毛が発生することもあります。過度なストレスは代謝の異常や筋肉の萎縮に繋がり、毛根部まで栄養が十分に届かなくなります。不適切なヘアケアによって抜け毛が発生する可能性もあります。頭皮を不潔にしていたり、過度な洗髪によって頭皮を傷つけることもあります。どのような原因で抜け毛が発生しているかを知ることが育毛剤選びの第一歩となります。

効果的に抜け毛を予防するには何を使えば良いか

男性型脱毛症は薄毛の95パーセントを占めています。これは男性ホルモンの影響と考えられています。自分の抜け毛に遺伝的な影響を感じているなら「男性ホルモン抑制タイプ」の育毛剤が効果的です。肩こりや冷え性がある時は栄養が十分に届いていない可能性があるので、「血行促進タイプ」を使うのが効果的です。不規則な食事が気になる人は「毛母細胞活性タイプ」を試してみましょう。頭皮の皮脂が多い人は頭皮環境を清潔に保つために「皮脂分泌抑制タイプ」が効果的です。不潔な頭皮のままで放置していると毛穴を塞いで毛髪の成長を阻害し、頭皮の炎症を引き起こすこともあります。また頭皮が乾燥している人は細菌が繁殖しやすい環境なので、「頭皮保湿タイプ」を使って正常な育毛を促しましょう。