育毛剤はいつから使い始めればいいか

頭皮と髪の変化を感じるようになったら、育毛剤を使用するべき時期にあります。薄毛は急に発生するものではなく、頭皮環境の乱れが長期にわたって継続することで起こります。抜け毛が以前より細くなった、髪が全体的に縮れるようになった、などの自覚症状が出てきたら注意してください。髪は老化の影響を受けますから、年齢を重ねることによってプラスの変化が生じることは少なく、ほとんどはマイナスへの変化です。髪のコシがなくなってきた、頭皮がベタベタしてきた、などの症状も前兆と考えるべきでしょう。すでに自覚症状が出てきた場合、頭皮環境の乱れは少なくとも6ヶ月以上は続いています。薄毛は時間をかけて進行するため、改善させるためにも相応の時間がかかります。いち早く薄毛に気づいたら、放置せずすぐに対策を始めるのがコツです。

育毛シャンプーを使用して様子を見てみる

薄毛と思われる自覚症状が出てきたら、育毛シャンプーを使用してみるのもおすすめです。頭皮の汚れが原因で頭皮環境が悪化している場合は、シャンプーを変えるだけで改善することがあります。育毛シャンプーを正しい方法で6ヶ月程度使用しても変化がない場合は、追加で育毛剤を併用していくのが好ましいです。頭皮に栄養を届けることで毛母細胞を元気にしてくれるので、栄養不足による薄毛に効果的です。同時に血行もよくしてくれるので、頭皮が硬くなっている方に最適でしょう。頭皮が硬くなると抜け毛が増えてきますし、髪が全体的に弱くなってきます。頭皮マッサージを日課にすれば1~2ヶ月で、やわらかい状態に変えることができます。効率よく頭皮に栄養を送り届けるためには、首や肩のこりも解消していきましょう。

20歳から薄毛予防として使うのもあり

多くの医師は薄毛対策を始める年齢は、成人になってからで問題ないと話しています。一般的に薄毛対策を始める年齢としては30代以降が多いですが、予防対策をするなら20歳から育毛剤を使用するものよいでしょう。頭皮環境が安定した状態では薄毛が起こりにくいので、その状態を維持してください。シャンプーをしてから使用することで、毛根に育毛成分を速やかに届けることができます。毛根を常に元気にしておけば、年齢を重ねても強い髪を維持できます。AGAなどの遺伝性の薄毛においても、若いころから対策しておけば進行を最小限まで抑えることができるでしょう。薄毛は複数の要因が絡み合うことで進行速度が早まるため、遺伝以外の要因を解消していくことが大切です。30代をフサフサで乗り切ることができれば、それ以降の年代もボリュームを維持しやすいです。